ボーイング717は、短距離路線向けに設計されたナローボディの米国製双発ジェット旅客機である。元々はマクドネル・ダグラスMD-95として知られていた。マクドネル・ダグラス社がボーイング社に吸収合併される前の最後の航空機開発プロジェクトとして知られている。多くの人々は、ボーイングはMD-95開発プロジェクトを中止するだろうと考えていたが、ボーイング717という異なる名称の下で開発は継続されることになり、1999年に就航を開始した。ATOの世界でも現実世界でも、B717には派生型が一つのみ存在する。

派生型[編集 | ソースを編集]

ゲーム中では、ただ一つの派生型が存在する。

B717-200[編集 | ソースを編集]

ボーイング717-200(元々はMD-95)

クラス: ビジネス/エコノミー

最大座席数: 117席

航続距離: 3815 km

エンジン: IAE V2525-D5

燃料効率: 7.9

巡航速度: 0.77 mach

長さ: 37.8m

高さ: 8.9m

翼幅: 28.5m

寿命: 20年

価格: $44,000K

販売開始: 1999.07

生産終了: 2006.05

ウィキペディア : リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。