ボーイング727は、中型の米国製3発ジェット機である。座席数は149席から189席程度、航続距離は4400kmから5000km程度である。短距離から中距離の航空路線に適しており、小規模空港などの短い滑走路でも離着陸を可能とする。これまでに100万人以上の旅客を輸送した実績を持つ数少ない旅客機でもある。最初の派生型は1964年に就航を開始した。

派生型[編集 | ソースを編集]

ボーイング727には現在、2種の旅客型(B727-100とB727-200)と2種の貨物型(B727-100QFとB727-200F)をあわせて4種の派生型がある。B727-100QFは、B707-320Fに次いで、ゲーム内でゲーム開始から2番目に利用可能になる貨物機である。

B727-100[編集 | ソースを編集]

ファイル:Boeing 727-100.png

ボーイング727-100

クラス: ビジネス/エコノミー

最大座席数: 149席

航続距離: 5000 km

エンジン: Pratt & Whitney JT8D-9

燃料効率: 6.5

巡航速度: 0.60 mach

長さ: 40.6m

高さ: 10.4m

翼幅: 32.9m

寿命: 20年

価格: $60,000K

試験飛行: 1963.02

販売開始: 1963.12

生産終了: 1984.02

ウィキペディア: リンク

B727-100QF[編集 | ソースを編集]

ファイル:Boeing 727-100QF.png

ボーイング727-100QF

クラス: 貨物

最大搭載量: 27トン

航続距離: 4040 km

エンジン: Pratt & Whitney JT3D-1

燃料効率: 6.5

巡航速度: 0.60 mach

長さ: 40.6m

高さ: 10.4m

翼幅: 32.9m

寿命: 20年

価格: $53,000K

販売開始: 1964.02

生産終了: 1984.02

ウィキペディア: リンク

B727-200[編集 | ソースを編集]

ファイル:Boeing 727-200.png

ボーイング727-200

クラス: ビジネス/エコノミー

最大座席数: 189席

航続距離: 4506 km

エンジン: Pratt & Whitney JT9D-59A

燃料効率: 6.7

巡航速度: 0.60 mach

長さ: 46.7m

高さ: 10.4m

翼幅: 32.9m

寿命: 20年

価格: $79,000K

販売開始: 1967.12

生産終了: 1984.11

ウィキペディア: リンク

B727-200F[編集 | ソースを編集]

ファイル:Boeing 727-200F.png

ボーイング727-200F

クラス: 貨物

最大搭載量: 35トン

航続距離: 3612 km

エンジン: Pratt & Whitney JT3D-1

燃料効率: 6.7

巡航速度: 0.60 mach

長さ: 46.7m

高さ: 10.4m

翼幅: 32.9m

寿命: 20年

価格: $77,000K

販売開始: 1970.02

生産終了: 1985.05

ウィキペディア: リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。