ボーイング767は、長距離路線向けに設計されたワイドボディの米国製双発ジェット旅客機である。1982年に就航を開始した。ボーイング社で初めてのワイドボディ双発機であるだけでなく、計1000機以上が生産・納入された初のワイドボディ双発機でもある。ボーイング767と似た特徴を持つナローボディ機であるボーイング757と並行して開発が進められたことで、B757のパイロットはB767を容易に飛行させることができるようになり、その逆もまた然りである。ゲーム中では、3種の旅客型と1種の貨物型をあわせて、4種の派生型が登場する。

派生型[編集 | ソースを編集]

ゲーム中では、3種の旅客型と1種の貨物型をあわせて4種の派生型(B767-200B767-300B767-300FB767-400)が登場する。

B767-200[編集 | ソースを編集]

ボーイング767-200

クラス: ファースト/ビジネス/エコノミー

最大座席数: 290席

航続距離: 11825 km

エンジン: Pratt & Whitney JT8D-9

燃料効率: 7.3

巡航速度: 0.80 mach

長さ: 48.5m

高さ: 15.8m

翼幅: 47.6m

寿命: 20年

価格: $164,000K

販売開始: 1982.12

生産終了: 2018.02

ウィキペディア: リンク

B767-300[編集 | ソースを編集]

ボーイング767-300

クラス: ファースト/ビジネス/エコノミー

最大座席数: 350席

航続距離: 11065 km

エンジン: Pratt & Whitney JT8D-9

燃料効率: 7.6

巡航速度: 0.80 mach

長さ: 54.9m

高さ: 15.8m

翼幅: 47.6m

寿命: 20年

価格: $181,000K

販売開始: 1986.11

生産終了: 2020.01

ウィキペディア: リンク

B767-300F[編集 | ソースを編集]

ボーイング767-300F

クラス: 貨物

最大搭載量: 54トン

航続距離: 6025 km

エンジン: Pratt & Whitney JT8D-9

燃料効率: 7.6

巡航速度: 0.80 mach

長さ: 54.9m

高さ: 15.8m

翼幅: 47.6m

寿命: 20年

価格: $175,000K

販売開始: 1988.05

生産終了: 2023.05

ウィキペディア: リンク

B767-400[編集 | ソースを編集]

ボーイング767-400

クラス: ファースト/ビジネス/エコノミー

最大座席数: 375席

航続距離: 10415 km

エンジン: Pratt & Whitney JT8D-9

燃料効率: 8.2

巡航速度: 0.80 mach

長さ: 61.3m

高さ: 16.8m

翼幅: 51.9m

寿命: 20年

価格: $192,000K

販売開始: 2000.12

生産終了: 2025.09

ウィキペディア: リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。