東京は日本の大都市であり、日本の首都として、非常に高い経済レベルと観光レベルを有しており、その各レベルは、Lv.300を優に超え、Lv.400以上になることもある。ATOのゲーム進行において、東京は多数のイベントが発生する数少ない都市の一つであり、1964年にオリンピック、2002年にワールドカップが開催される。これらの大きなイベントの期間中、東京の空港を利用する旅客数は大幅に増加する。

空港[編集 | ソースを編集]

東京の第1空港は Narita International Airport (NRT) 〈成田国際空港〉である。

戦略[編集 | ソースを編集]

ATOにおいて、東京は最も人気があり、競争が発生しやすい都市の一つである。初心者のうちは、東京をハブ空港にするのはお勧めしない。評価(レベル)の高い都市であるため、東京を発着する路線からは莫大な利益が得られるが、それだけに他社の競合路線が開設されやすいからである。競争は激しいが、航空会社間の激しい競争があっても、東京の都市レベルは通常、ゲーム終盤まで高いレベルのまま維持される。他方で、極東に位置する東京は他の都市との接続にちょうど良い場所にあるとは言い難い。西へ(ソウル香港など)、南西へ(クアラルンプールバンコクなど)、そして欧州方面にも(モスクワパリなど)結ぶことのできる都市はたくさんあるものの、東には実質的に結べる都市がない。しかし、航続距離が十分に長い航空機を持っていれば、北アメリカ(ロサンゼルスフェニックスなど)への航路を開設することも可能である。普通は、東京を起点にした最良の航路の引き方は、何よりもまず独占路線を確保することと、コタキナバル武漢鹿児島などのような中規模都市と結ぶことである。東京で貨物路線を運営する場合も、これと同様の戦略が推奨される。

第1空港である Narita International Airport 〈成田国際空港〉は通常、ゲーム内時間にして5年から10年以内にスロット使用率が上限に達してしまう。そうなると、第2空港が必要になることもよくあり、第2空港は国営空港として自動的に建設されたり、他のプレイヤーによって建設されたりする。ゲーム終了前にレベル6かレベル7の大きな空港にまでアップグレードできるように、できるだけ早く東京に第2空港を建設することをお勧めする。国営の Narita International Airport を購入するのも素晴らしい選択であり、国営空港を購入できるほどの資金が用意できたら、すぐにでも購入すべきである。

多くの大都市と同様に、旅客便のための航空機は、満足度が高くて一度に多くの旅行客を輸送できるものが最適である。例えば、エアバスA380ボーイング747などがある。小規模や中規模の都市への便は、座席数が中くらいから大きめの旅客機を使うとよく、ボーイング777エアバスA330マクドネル・ダグラス DC-10イリューシン Il-96などがある。中程度から高い経済レベルの手頃な都市への貨物便については、積載可能量が中くらいから大きめの貨物機を使うことをお勧めする。これに最適なのは、エアバスA300-600STボーイング747FエアバスA350-900Fなどである。座席数や積載可能量が小さい航空機を使うのは、大量の貨物や旅客が航空機の輸送能力を圧倒してしまい、結局は同じような航空機を複数購入することになるだけであるため、避けたほうがよい。これは減価償却が増大する結果となり、会社の価値に影響する。

1964年のオリンピックと2002年のワールドカップの開催の好機を利用して、東京を発着する路線を追加したり、路線の運賃を引き上げたりすることで、2つのイベント期間中、一時的に利益を伸ばすことができる。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。