登場する航空機[編集 | ソースを編集]

詳しくは登場する航空機一覧を参照。

エアタイクーンオンラインおよびエアタイクーン3には計142機種、エアタイクーンオンライン2およびエアタイクーン4には計154機種の航空機が登場します。

飛行機の導入[編集 | ソースを編集]

飛行機を導入するには、次の三つの方法があります。

  1. 新品の飛行機を購入する。
  2. 新品の飛行機をリース契約する。
  3. 中古の飛行機を市場で購入する。

最も一般的なのは、1.の「新品の飛行機を購入する」で、購入した飛行機は自社の会社価値に加算されます。2.の「リース契約する」は、特にゲーム序盤など資金が少ない時期に、購入するよりも少ない費用で飛行機を導入できます。ただし、リースであるため、飛行機の価値が会社価値に加算されることはありません。リースで借りた飛行機は返却操作をするまで、自社機として利用できます。3.は、ゲームが進行するにつれて、耐用年数の残りが少なくなった飛行機が中古機市場に出品されるようになると、通常価格と比べて破格の安さで飛行機を購入することができるようになります(ただし、中古機が出品されている時のみ)。

飛行機のアップグレード[編集 | ソースを編集]

機体のアップグレードをすることで、飛行機の性能を若干向上させることができます。また、エンジンと胴体コーティングは両方を組み合わせることができ、相乗効果で更なる性能向上が見込めます。機体のアップグレードは、飛行機の購入時のほか、購入後はいつでも「飛行機の詳細情報」画面から利用できます。

  • 高燃費エンジン(燃費が10%向上し、航続距離が10%伸びる。)
  • パワーエンジン(巡航速度が10%向上し、週当たりの運行回数が1割増す。)
  • スーパーエンジン(高燃費エンジンとパワーエンジンの両方の効果が出る。)
  • 胴体コーティング(燃費が10%向上し、航続距離が10%伸びる。)

飛行機の改装[編集 | ソースを編集]

機体をリモデリング(改造)することで、古くなった飛行機の満足度を上昇させることができます。

  • 「座席配置」画面で、座席比率・座席間隔・座席数を設定できます。座席間隔が広いほど満足度が上昇しますが、総座席数は減り、一度に搭乗させられる乗客数は減少します。
  • 「座席の種類とオプション」画面で、各クラスごとに、座席のオプションとシートのグレードを追加・変更できます。シートのグレードを上げれば上げるほど、また、座席オプションを付ければ付けるほど、満足度が上昇しますが、その分改造費用がかさみます。

飛行機の売却[編集 | ソースを編集]

(リース以外の)購入した飛行機については、老朽化するなどして不要になったら、売却することができます。売却方法は二つあり、「今すぐ売却」と「中古市場に登録」することができます。

  • 「今すぐ売却」: 売却しようとした時点での飛行機の価値の60%の価格で即売却できます。
  • 「中古市場に登録」: 中古機市場に登録して、飛行機の時価の最大80%までの価格で他のユーザーに売却することができます。ただし、残り寿命が3年(36ヶ月)未満または新規購入から5年以内(残り寿命が180ヶ月以上)の機材の場合、中古市場に登録することはできず、「今すぐ売却」しか選択肢がありません。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。